十日町市、小千谷市、長岡市川口地域にて、森林整備、林産販売、山菜加工などの食品加工 事業を展開 しています

十日町地域森林組合

 025-758-3115

 

〒949-8521 新潟県十日町市大黒沢1789−1

組合概要

代表者  代表理事組合長/星名 敏雄
所在地  本所/新潟県十日町市大黒沢1789番地1
設 立    1970年(昭和45年)5月8日 十日町森林組合創立

1984年(昭和59年)12月22日    小千谷地域森林組合創立
合 併  2004年(平成16年)2月1日 十日町森林組合と小千谷地域森林組合が広域合併し、十日町地域森林組合を設立。
組合員数 2,670人          (2018.1現在)
出資金  155,701千円        (2018.1現在)
従業員数 41人            (2018.1現在)
管内地区 十日町市(旧十日町地域、旧川西地域、旧中里地域)、小千谷市、長岡市川口地域(旧川口町)

 

 

概要

十日町地域森林組合は、新潟県の中越地方にあり、平成16年2月の広域合併により、十日町市、小千谷市、長岡市川口地域の広範囲が管内となっています。この地域は、国内でも有数の豪雪地帯で、厳しくも豊かな自然に恵まれた環境です。創業以来、森林整備、木材の伐採販売、冬季間の除雪作業を中心に取り組むとともに、山菜を使った食品加工事業を展開してきました。地球温暖化防止など森林の機能は見直されており、その中で森林組合の役割が高まっています。

 

十日町市

新潟県南部の長野県との県境、千曲川が信濃川と名前を変えて間もないところに位置します。人口は約6万2千人。市域は東西31.4km、南北41.1km。面積は589.92平方kmです。東側には魚沼丘陵、西側には東頸城丘陵の山々が連なっています。中央部には信濃川が流れ、十日町盆地とともに河岸段丘を形成しています。西部中山間地域には渋海川が流れ集落が点在しています。最南部は上信越高原国立公園の一角を占め、標高2,000m級の山岳地帯となっています。

小千谷市

新潟県のほぼ中央、日本一の大河・信濃川により形成されたまちです。美しい山河に恵まれた、文化の香りゆたかなまちです。人口は約4万人、市域は東西17.2km、南北20.0km。面積は155.12平方kmです。
または、このようなものです。

長岡市川口(旧川口町)

新潟県のほぼ中央部に位置し、信濃川と魚野川の合流点で、人口は 約5千人。面積は50.03平方kmです。平成22年3月31日長岡市と合併しました。

大地の芸術祭

アクセス

詳しい地図で見る

更新日:

Copyright© 十日町地域森林組合 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.